<< たまばっふぁDAC | main | たまばっふぁDAC3 >>

2011/02/27 日

たまばっふぁDAC2

さて、昨日に書いた、たまばっふぁDACの変更点だが、以下のようなかんじ

・電源はLED電源に。たまのヒータだけ三端子。
 以下の系統に分かれる。
 球のプレート
 TDA1543
 CS8414
 オシレータ
 リクロックまわり
 #球のヒーターは、7809 -> 7806といった感じで熱分散を狙ったけど、
 でかめのシンク1個で7806単体とした。

・出力コンはBG-NPを前提としていたけど、入手も難しいだろうし基板の裏に
 フィルムコンを付けられるようにパッドを設けた。

・球は5670/WE396Aのピンアサインとした。

・SN75179や、VHC74などは電解コンではなく、チップコンとした

・基板サイズ、穴位置、端子位置等は変更なし。

ここから考え中

・球のB電圧は10V, TDA1543は8Vとしようと思っているけど、ギリギリになる。
 特に球のB電圧は12Vくらい欲しい。外部から安定化された電源が繋がれる
 なら、LED電源としなくてもいいかなぁ。
 DCアップコンバータを入れて昇圧も考えたけど、LED電源の魅力には勝てないなぁ。

 案1>従来どおり、B電圧9Vくらい。TDA1543を5V動作として欲張らない。
 案2>外部入力電圧を15Vくらいとし、ゲインを欲張る設計とする。
    #ただ、ヒータの方が心配なので、そちらは別供給?
    #大げさになるから、こっちはないかなぁ。

・配布するのか?
 します。きっと。たぶん。
 ただ、石とかは付けられないかな。。ebayとかで自己調達をお願いするかも。
 あと、LPFのコイルも手巻きするのもいいし、添付しないと思う。
 付属でつけるとしたら、ヒートシンク、VHC74、真空管ソケットくらいかなぁ。

Trackback URL


Comments

>づかさん
拝見いたしましたー
やはり時流から8416にしていくべきですよねぇ。
いよいよもってヤバくなったら、変換基板は作りたいと思いますー
わくわく。
ちなみに、CS8416->8414変換基板は以前に手配線で作ったことあります。私のサイトに乗ってますので、もっと洗練した形で基盤化してもらったら嬉しかったりして。

Comment form