<< 基板3種 | main |

2018/03/28 水

頒布品

現在スイッチサイエンスさんにて頒布中です。

頒布品を買っていただいた方に、秋葉原でよければ直接サポートする機会を設けたいと思います。こちらを参照してください。

なんかすみません。補充して2時間ほどでLR分離DACの在庫がなくなりました。
急いで追加製造して、こんどはたくさん入れますので、運悪く買えなかった人、
ほんとにすみません。だいたい、2週間くらいで補充できます。

2017/3/28 真空管I/V DAC販売開始しました。

2017/3/21 すべての基板の部品表等を修正しました。(代替トランジスタ、入手先等)

.
すべて、動作確認はMoode audio playerにて行っています。
volumioは、音量が変更できないなどの問題がある為、確認を行っていません。
moode audioの設定方法


TDA1543 + 6DJ8/5670 球ばっふぁ for Raspberry pi
rasp1.gif
IMG_20160827_211748.jpg
Raspberry Pi 2、3用のNOS DACです。TDA1543を1個使用します。
出力バッファとして、6DJ8/5670をカソードフォロアで使用し、B電圧は9 Vと低い電圧に設定しています。これにより、12 Vの電源一つで、真空管サウンドが楽しめます。
6DJ8と5670はピンアサインが異なりますが、ジャンパで切り替えができますので、いろいろな球をお試しいただけます。
電源はRaspberry Piからは供給せず、外部より12 V、1 Aを供給して使用します。

基板スペック:赤レジスト/HASL/70um

・組み立て資料

・回路図

・販売ページへ(スイッチサイエンスさん)
TDA1543 + YAHA ヘッドフォンアンプ for Raspberry pi
rasp2.gif
IMG_20160827_211341.jpg
Raspberry Pi 2、3用のNOS DACです。TDA1543を1個使用します。さらにYAHA(ヘッドフォンアンプ)を搭載し、真空管ヘッドフォンアンプ+DACとして使用できます。
YAHA標準では、6DJ8が採用されていますが、本基板ではサイズの制約からヒーター電圧を、電源の電圧(12 V)と揃えられる、12AU7を採用しています。
電源はRaspberry Piからは供給せず、外部より12 V、1 Aを供給して使用します。

※音量は、ソフトで変更します。(moode audio player確認済み)

基板スペック:赤レジスト/HASL/70um

・組み立て資料

・回路図

・販売ページへ(スイッチサイエンスさん)
TDA1543 LR分離DAC for Raspberry pi
rasp3.gif
IMG_20160827_213459.jpg
Raspberry Pi 2、3用のNOS DACです。 TDA1543を2個使用します。
TDA1543はL、Rチャンネルを1パッケージに封入したDACですが、クロストーク改善を狙って、2個のTDA1543をLチャンネル専用、Rチャンネル専用として使用します。 余ったチャンネルは使用していません。
電源はRaspberry Piからは供給せず、外部より12 V、1 Aを供給して使用します。

基板スペック:赤レジスト/HASL/70um

・組み立て資料

・回路図

・販売ページへ(スイッチサイエンスさん)
TDA1543 + Nutube ヘッドフォンアンプ for Raspberry pi

nutube.jpg
Raspberry pi 2、3用のNOS DACです。TDA1543を1個使用します。
KORG Nutubeを使用したヘッドフォンアンプを搭載しており、Nutubeつきヘッドフォンアンプ+DACとして使用できます。
電源はRaspberry Piからは供給せず、外部より12 V、1 Aを供給して使用します。

※音量は、ソフトで変更します。(moode audio player確認済み)

基板スペック:赤レジスト/HASL/70um

・組み立て資料

・回路図

・販売ページへ(スイッチサイエンスさん)
リクロック + DC/DCボード for jinson ラズパイDAC

IMG_20161024_193613.jpg
jinson製ラズパイDAC向けリクロック+DC/DCコンバータボードです。
jinson製ラズパイDACと、Raspberry Piの間に入れることにより、以下の機能が有効になります。
・BCK、LRCKをリクロックする機能が利用できます。
・DC/DCコンバータにより、Raspberry piに電源供給可能。これによりDACとラズパイの電源を1系統にできますので利便性が向上します。
・moode audio向け機能として、ボリューム調整、再生、停止などのボタンが利用できます。
 ※別途スクリプトを導入する必要があります。
・OLED、LCD、ロータリーエンコーダ接続端子が利用できます。
 ※別途スクリプトを導入する必要があります。

基板スペック:赤レジスト/HASL/70um

・組み立て資料

・回路図

・販売ページへ(スイッチサイエンスさん)
DAIボード for jinson ラズパイDAC
dai.gif
IMG_20161024_195451.jpg
jinson製ラズパイDACを、同軸デジタル、光デジタルで接続して利用するためのボードです。
jinson製ラズパイDACを、ラズパイを介さず、普通のDACとして使用できるようになります。
また、以下の機能を有しています。
・BCK、LRCKをリクロックする機能が利用できます。
・光デジタル入力、同軸デジタル入力の2系統の入力が利用できます。

基板スペック:赤レジスト/HASL/70um

※TDA1543 + YAHA ヘッドフォンアンプ for Raspberry pi及び、TDA1543 + Nutube ヘッドフォンアンプ for Raspberry piは、ヘッドフォンアンプを搭載していますが、音量は固定になっています。 再生側のデジタル出力の音量が可変できることが前提となります。

・組み立て資料

・回路図

・販売ページへ(スイッチサイエンスさん)
Nutubeヘッドフォンアンプ
AltCan.jpg真空管にKORG Nutubeを採用し、006p 9Vで動作するヘッドフォンアンプです。
ALTOIDSミント缶に組み入れることができるサイズです。
バッテリー残量をLEDの輝度で知ることができます。
三端子レギュレータを排除した構成を選択できますので、ホワイトノイズが発生しない、クリーンなNutubeのサウンドを楽しむことができます。

基板スペック:黒レジスト/HASL/35um

・組み立て資料

・回路図

・ケース加工用型紙

・販売ページへ(スイッチサイエンスさん)
006PサイズLED電源基板
006pled.gifp2.jpg006Pや、単三電池を使用しているポータブル機器に内蔵することを目的としたLED電源です。
1.3V x 2と、1.3V-9.3V x 1の合計3系統の出力を得ることができます。

基板スペック:黒レジスト/HASL/35um

・組み立て資料

・販売ページへ(スイッチサイエンスさん)

TDA1543 LR分離 真空管I/V DAC for Raspberry pi
Raspberry Pi 2、3用のNOS DACです。 TDA1543を2個、真空管5670を2個使用します。
TDA1543はL、Rチャンネルを1パッケージに封入したDACですが、クロストーク改善を狙って、2個のTDA1543をLチャンネル専用、Rチャンネル専用として使用します。 余ったチャンネルは使用していません。
さらにDACの音質を決めるI/V変換に真空管を用いました。真空管特有の空気感を楽しむことができます。真空管の電圧は12Vという低圧駆動ですので、12V電源一つで楽しむことができます。

基板スペック:赤レジスト/HASL/70um

・組み立て資料

・販売ページへ(スイッチサイエンスさん)