<< 自作はやんねーかなー | main | リクロック+アイソレータボード >>

2017/03/27 月

真空管I/V WE407A

新潟のよしさんからいただきました。
RPi1543WE407a.JPG

真空管I/V基板は、5670対応ですが、ヒータ電圧ちがいのWE407Aを使った作例をいただきました。
WE396Aはプレミアついてて高いですが、WE407Aは、まだ比較的、入手が容易ではないでしょうか。
音はゴキゲンらしいので、WE407A専用で組むのもアリですね。
WE396Aを持ってる人は、WE407Aと聴き比べしてみてほしいです。

この写真みると分かりますが、DCDC基板とかついています。
このあたりの細かい話は、コメント書けば、新潟のよしさんが答えてくれるかも??

Comments

新潟のよし様、コメントありがとうございました。参考にさせていただきます。まずは通常の6N3Pで試聴してからWE407Aに挑戦してみようと思います。
はじめまして。WE407Aについてですが、先日訪問先のSUS様から「動作条件についてはまだ未完成では?」というコメントも頂いておりますので、あくまでも(途上の)参考例という事でお願い致します。1、9ピンの処理はこれでOKかと思いますが、私の場合は(念のため)5ピンのパターンも切り離しDCDCの出力のGNDに直接繋いでいました。テスタで確認しながらの実験をお願い致します。(また上記実験はあくまでも自己責任でお願い致します)
はじめまして、WE407Aを使いたいので考えた方法ですがもしコメントいただけたらありがたいです。
《改造方法》
1.Rch真空管ソケット9ピンに繋がっている+12vのパターンを途中でカット
2.Lch真空管ソケットの1ピンの足を基板上側でカット(GNDと切り離す)
3.Rch真空管ソケット1ピンと9ピンを結線
4.Lch真空管ソケット9ピンと基板上側の1ピンの足を結線
5.どちらかの結線部分に+20vを接続
じんそん様、ご紹介ありがとうございます。
今度SUS様の所で(試聴)オフ会をする予定があります。396Aとの音質の違いなどの詳細は今後のSUS様の記事をご覧いただければ、と思います。

Comment form