<< リクロック+アイソレータボード 試作完了 | main | 基板3種 >>

2017/04/15 土

TDA1387 J-FET I/V

Greece7さんが試されているTDA1387に興味があり、わたしも試してみました。

例によってLR分離基板にて試しています。
この画像の通り抵抗、コンデンサ、トランジスタを付ければOK.

IMG_20170415_200409.jpg

LEDを1個減らしてTDA1387の電源電圧は5Vとしている。
FETはソケット化してある。ゲートの足はカットずみ。

IMG_20170415_200423.jpg

REFは、こんな感じでコンデンサを裏付け。

音は、聴いてのお楽しみ!期待を裏切らない音です!

Comments

CR-Xさん

おお、ありがとうございます〜
わたしの想定を超えて、LR分離基板はいろいろな実験に使えますね〜
ほう、良いぞ、良いぞ。
石は輸送中ですが、LR分離基板無くならないうちにもう1枚確保しました(^o^)丿

LR分離基板は万能基板!!
Greece7さん

あきらかにTDA1543とは違う音なので、すごく楽しめています〜
他の基板で試すのもアリなのですが、音質評価はLR分離が一番やりやすいのでw
お! 早速の追試嬉しいです!
なかなかいいでしょ(^_^
それにしても、LR分離基板、大活躍ですね。

Comment form