<< ラズパイzero用 その2 | main | TDA1387 LR分離 4パラ その2 >>

2017/07/18 火

TDA1387 LR分離 4パラ

TDA1387を単純にパラにするのはつまらないし、エピでやっていたみたいに、LR分離をしたうえで、さらにパラにしてみようという試み。
ロジックICでやると、シフトレジスタ8個必要になるし、さらにデータセレクタ、FF,いろいろ必要になる。
ロジックICを使ってラズパイサイズに落とし込むのは無理だったのだが、PROSTさんに相談したら、MachXO2でそのロジックを実現してくれるという。ありがたくおねがいして、基板をCADってみた。


TAD1387 LR分離 4パラ DAC
TDA1387は、L、Rの2チャンネルDACだが、石1個をL専用、R専用としてチャンネル2個をパラにして束ねてつかっている。片チャンネルに2個のTDA1387を用いるので、4パラとなる。

1387lr.gif

Comments

あっ、そっちでしたか。
色々手間が掛かりそうですが、頑張ってください!
とっかえひっかえできると嬉しいのですが、ソケットが結構巨大なので、頒布用machxo2を焼くのに使いますw
ソケット!
書き込み内容をいくつも変化させた物をとっかえひっかえするんですね!?
とりあえず。MachXO2用に、ソケットも買いましたw
MachXO2、書き込み済で同梱ですか!
それはありがたいです。
どもども〜ん

MachXO2は、頒布するとしたら、最初は書き込み済みをつけようと思います。
あとで焼き替えできるよう、JTAG1を出してありますー
これまた楽しみな基板ですね!
MachXO2への書き込みは各自で行うんですよね?
9VのACアダプタも買っておかなきゃ。

Comment form