<< TDA1543 LR分離 シフト8パラ 作例 | main | TDA1543 LR分離 シフト8パラ LCD基板 >>

2018/04/07 土

TDA1543 LR分離 シフト8パラ 作例

西宮のAさんから頂きました。
16パラの作例です
ありがとうございます。

fullsizeoutput_445.jpeg
fullsizeoutput_448.jpeg

IMG_1646.jpeg

fullsizeoutput_444.jpeg




以下、いただいたメールから抜粋です。
-----
・組み立て(写真をご覧ください。拙い工作でお目汚し失礼。)
 発熱がすごいとの事でしたので、放熱器がTDA1543に全部触れるように
 ユニバーサル基板を切り出して平面で並べるようにしました。
 (放熱器サイズ 50*66*H30mm)

 本当はソケットの間も2mmのビスで基板を固定する予定でしたが、0.5mmのUEW線を
 使ったせいもあり、私の腕ではソケットの並列配線にどうしてもショートしてしまう
 場合があり、TDA1543の放熱器への押しつけ固定は基板の両端のみとなりました。
(基板にタップを立ててネジ止めしています。頼りないですが。)
(基板は少し反りますが、TDA1543をできるだけ放熱器へ密着するように押しつけてあります)
 
 出力Trは手持ちのサンケン2SC4883(Ic=2A)を使いました。(たかじん様がアンプ前段で使用)
 追加TDA1543へも、念のため0.1µセラコン(C0Gランク)を付けました。

・音だし、発熱
本日、音出しをしましたが、ショートや発振もせず(多分)鳴っています。
 音は、まだ2時間程度なので、徐々に起きてきている状態ですが、
 絹の様な滑らさを感じる音と思っています。(どんどん良くなっています。)

 発熱は、テスターの測定端子での測定ですが、2SC4883は64度程度、
 TDA1543は45度程度です。因みに放熱器は根元で45度程度、上部で36度程度なので
 効いているようです。
 (2SC4883はさすがに触るとやけどしそうですが、TDA1543は触れます。)
 それよりもraspi3の発熱が、moodeの表示で71度とこっちの方が何とかする必要が
 ありそうです。

Comments

おぉぉ!凄い!
ヒートシンクのボリューム感含めて負けました・・・w

Comment form