<< Nutubeポタ用ケース | main | TDA1387 LR分離 4パラ 自分用完成 >>

2017/09/23 土

TDA1387 LR分離 4パラ用LCD基板 組み立て方

まだ送付は行っておりませんが、組み立て方を公開します。
そろそろ基板が上がってきてもいいのですが、、、

★くみたて方法

基本的に、基板のシルクに書かれた通りに、部品を実装していく。
ただし、100Ω部分は、220Ωもしくは、200Ωが添付されているのでそれを付ける。
ここはLCDバックライトの電流制限で、200〜470位でいいような気がする。

さらにSDAプルダウンに2,2Kを実装。

あとは写真を参考に部品をつけていく。
まずは裏
ura.jpg
DAC PowerのACアダプタ用コネクタと、From SEL0のコネクタは、基板から突き出ないように、足を整えること。見ればわかるけど、液晶と干渉する。基板と面一になるようにする。
From SEL0と、DACへの給電コネクタは、ともに3ピン ピンソケットとなっている。
添付部品で、8ピンのピンヘッダがあるが、それを切って、3ピンを2個つくって使うこと。
ちなみに、DAC基板の上面と、LCD基板の下面までの距離は、17.5mmがベスト。
なので、コネクタは、これよりすこし短めにしておくとよい。

次は表
omote.jpg

見ての通り実装していくが、液晶について注意。
まず、液晶の両面に保護フィルムが貼ってあるので、両方剥がす。
さらに、バックライトユニットは、発光側に、ツヤあり保護フィルムがはってある。これも剥がすこと。
剥がさないと、高さがましてしまい、スペーサの高さとの兼ね合いもあってよろしくない。

スペーサーだけど、これはシャットダウンスイッチとフレームがぶつかるので、逃げがつくってあるほうにあわせる。
写真とろうとおもったけど、黒くてうまく写らない。
まあ、充ててみればわかる。シャットダウンのタクトスイッチとスペーサの枠が当たるので。

あとは、DACに給電するACプラグをつければOK.
まあ、実際のところ、好きに作ればよし。


★スクリプト導入および設定
既に、ボタンや液晶スクリプトを入れている方は、単純にそれらを上書きする。


導入方法は以下の通りとなります。
(moode audio用)

つづけて、スクリプトの導入

・puttyをダウンロード
windowsな人はputtyをダウンロード
macな人はsshでつなげられると思う。

・puttyを起動して、ホスト名を moode.local で 「開く」をクリック
なんかいわれたら、OKとかYESとか押して続行
ユーザ pi
パスワード raspberry
(このあたり、moode audioのバージョンによって異なるので、自分でしらべてね)

・i2cを有効にする

#ちょっとしたこと
#putty上で右クリックすると、コピーした文字列がペーストされるので
#手打ちする必要はない

sudo raspi-config

として、Advanced Option -> I2Cを有効にする。
これもまあ、画面見ればわかる。
カーソルキーで操作。エンターで確定
I2Cのとこで、とりあえずYESを選びまくり、最後にFINISH

・必要な物を入れる

sudo apt-get update

しばらく待つ。なにかいわれたら Yを返答

sudo apt-get install i2c-tools kakasi

これもおなじくしばらくまつ。基本的にYを返答

・スクリプトを入れる

wget http://www.telnet.jp/~mia/alt_oled.bin

wget http://www.telnet.jp/~mia/alt_btn.bin

さらに

mv alt_oled.bin oled.pl

mv alt_btn.bin btn.pl

つづけて

chmod 755 oled.pl

chmod 755 btn.pl


・自動起動に登録


sudo nano /etc/rc.local

一番最後の行に

exit 0

があるので、その上に以下を追加

/home/pi/oled.pl & > /dev/null 2>&1
/home/pi/btn.pl & > /dev/null 2>&1

保存して閉じる。
CTRL + x を押す
さらに y を押す
そのまま enter を押す

緑色LEDのために以下を

sudo bash -c "echo dtparam=act_led_trigger=heartbeat >> /boot/config.txt"

さらに

sudo reboot

として、再起動後 液晶、ボタンが動けばOK

##################################

シャットダウンについて
 本基板いちばん右のボタンがシャットダウンボタン。
 シャットダウンできているか判別は、ラズパイの緑色LEDの点滅がとまっているか。
 点滅がとまったら、電源スイッチで電源をオフにしてよい。

Comments

Comment form