<< Raspi DAP Base Ver2 | main | TOP >>

2021/06/10 木

NosPiDAC tube MTa

配布中

mtap.jpg

MTとMTaの違い、ざっくり下にまとめます。

項目MTMTa
パワーソース外部モバブのみ内蔵電池、外部モバブ対応
電池内蔵公式には不可104050リポまたは、18650セルどちらか内蔵必須。電池を非搭載にすることはできません。
ヒータ電圧5V固定5.7V-7V可変
電池残量ゲージモバブ駆動のみなのでなし4レベルゲージ
燃費ヒータ昇圧に伴い、MTより悪い


■特徴 / Feature
・Raspberry pi zeroサイズのNOS DACです。Volumioに対応しています。
・DACにTDA1387を採用しており、16bit/176KHzまでの再生に対応しています。
・HPAにMAX9722を採用しておりますので、ポータブルアンプをご用意いただくことなく、ヘッドフォンを駆動することができます。
・バッテリー駆動前提です。モバイルバッテリー駆動目的の方はTube MTを利用してください。
・ヘッドフォンを駆動することができます。(ただし、ラインアウトはありません)
・真空管は6DJ8(6922)/5670(2C51)に対応しています。
・再生開始時に、プチノイズが出ることがありますが仕様です。あらかじめご了承願います。
・真空管によって相性等の問題が発生する可能性がありますが、あらかじめご了承願います。
・LCDとジョイスティックでMPD_GUI改の操作ができます。
#mpd_guiは、@blue__sevenさん作のイケてる楽曲表示、操作ソフトです
#mpd_gui改は、mpd_guiに対して@__tkz__さんがパッチし、ラズパイ対応、メニュー対応したものです
mpd_guiの作者 @blue__sevenさんに感謝。ラズパイ対応の@__tkz__さんに感謝。


■ご注意
・Raspberry pi zero、真空管が別途必要です。
・本キットは実験基板です。技術サポートはありません。
・本基板使用に伴う事故等に関して、一切の責任は負いません。自己責任でお願いします。

MTaRevE1.pdf組み立て説明書 RevE

MTa0423.pdf組み立て説明書 RevC

起動イメージは、NosPiDAC Zero1.3と共通です。